ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Agartha | main | 音という絵画 >>
2013.06.11 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.08 Sunday

Didgeridoo まっつん solo live at Nomu Rock Cafe 2011/01/9 sun.

Didgeridoo まっつん 
solo live at Nomu Rock Cafe 
2011/01/9 sun.
20:00 〜
(投げ銭式)

The ユートピアで、Didgeridoo、per.を担当
数年前、地元に帰り、今は旅しながら音楽を伝えている、アツいまっつん。

彼の影響でDidgeridooに興味を持った人は少なくないはずだ。

よく覚えているのは、2006年、宮島入浜海岸での野外ライブ。

新月祭。
新月祭
目の前は美しい瀬戸内、見渡す限り、砂浜で、振り返ると緑濃い大自然。
テンション上がってもうてんやわんやだった。

本番まで数時間ある。

どうするか?

迷いない感じで、
持参していたビールケースの箱を軽快に開ける音がしていた・・・

このシュチエーション、もう飲むしかない!!
メンバー全員、暗黙の了解のもと、乾杯。

本番前には、ほぼ泥酔状態。

夕日が沈み出す頃、The ユートピア、ライブ開始となった。

目の前には真っ赤のどデカイ太陽が、瀬戸内を横切る巨大な軍艦を、みるみる光に呑みこんでいった。


飲んでライブする時は必ず、白か黒どちらかだ。
いいライブか、どん底のようなライブか。

この日は、「白」だった。

まっつんのディジュから始まり、ギター、ベースと絡みだす・・・
ユートピアの音が出てきた。
みんなのプレイの次の一手が、なんとなくわかるっ!

怒涛の30分はあっという間だった。

その時の音源があるのだが、枚数限定で作った。その新月祭でのユートピアの音源だが、いまだにあれってどこに売っているんですか?と問い合わせがある。(もう、どこにも置いてないはずです)

地を這うようなディジュの音色が、まっつんというミュージシャンを通して、今宵、高松に響き渡る。


まっつん
http://blog.livedoor.jp/h1978870/

ノムロックカフェ
http://www.e-komachi.com/web/gourmet/detail.asp?tnid=37417

The ユートピア(mixi コミュ)


2013.06.11 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links